レンタルオフィスの賢い使い方

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスの概要

レンタルオフィスの形態

レンタルオフィスと貸事務所の違いとは

レンタルオフィスのメリット 立地条件やコスト

レンタルオフィスのメリット サービス

レンタル事務所を選ぶ方法とは

レンタルオフィスの種類

マンスリーオフィス

時間貸しタイプ

バーチャルオフィス

コーポラティブオフィス

シェアードオフィス

貸し会議室

レンタルオフィスのサービス

基本的なサービス

インキュベーション

電話代行

私設私書箱

登記住所の利用

レンタルオフィスのコスト比較

賃貸契約との比較

敷金

礼金・保証金

その他の費用

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスの概要

バーチャルオフィスの環境

自宅で仕事ができる

電話の利用について

在宅ワークとしての利用

バーチャルオフィスのコスト

レンタルオフィス利用に最適な人

起業家

個人事業主

在宅ワーカー

レンタルオフィスの賢い使い方

レンタルオフィスを利用するにあたって

うまく活用しよう!

レンタルオフィスとは、従来の賃貸借契約においてビルのオーナーから事務所を借りるよりも安いイニシャルコストで借りることができる事務所のことを言います。

通常賃貸借契約においてビルの事務所を借りる場合には、多額の保証金や、通常家を借りるよりも高い敷金や礼金が費用としてかかり、また、事務所として使用するための内装費などかなりの費用がかかります。しかしレンタルオフィスの場合には、既に仕事をするためのいろいろな設備が整っており、また敷金や礼金がかからない場合も多く、用途に応じて課金方法が違うため、通常の賃貸借契約で借りるオフィスよりも安い費用で借りることができます。

レンタルオフィスの種類としては、いろいろな種類があり、利用する時間のみ金額を支払う時間貸しタイプや、マンスリーマンションタイプのもの、または、住所や電話番号などの会社所在地のみを貸してもらうバーチャルオフィスなどの種類があります。

レンタルオフィスを利用することのメリットとして、オフィスの立地や場所などを選定し、賃貸借契約を締結し、新しく設備などを導入するなど、場所を決めてから業務をスタートさせるまでの時間、費用、手間などを削減することができます。

一般的な賃貸借契約の事務所の場合ですと、不動産物件を探して検討を行い、契約にあたっての審査などが行われます。その後契約になった場合には、内装、設備などの工事の手配、そして引っ越しとかなりの時間とコストが新しい環境での業務スタートまでかかってしまいます。

また、契約での費用面においても敷金、礼金、保証金、手数料等のコストが必要となり、新しく事務所を構えるだけでもかなりの出費になります。レンタルオフィスはこうした発生するコストを既にある状態のオフィスを少ないコストで利用することができるメリットがあります。また、レンタルオフィスのサービスによっては受付や設備関連の貸し出し、電話代行、など様々なサービスも同時に提供しており、企業運営に欠かすことのできないランニングコストを低コストで提供してくれます。

内覧会 | 福岡 賃貸 |

Copyright (C) レンタルオフィスの賢い使い方 All Rights Reserved